Top >  株式投資とは >  保有株数による注意事項とは

保有株数による注意事項とは

保有株数による注意事項です。
株主になり株主優待でより優遇を受けるには、多くの株式を保有するべきです。
株を買うときに最低買わなければならない株数の単位を1単元といって、企業により1単元100株、1単元1000株などと決まっています。
企業はより多額の出資者に対して優待を行っていますので持ち株が少ないと、優待の対象からはずれてしまう場合があります。
あまり知られていない銘柄ですが、石井表記という広島の機械メーカーがあります。
(1単元100株です)この企業の株主優待は「5000円相当の名産品」ですが、1000株以上の株式を保有していないと優待の対象にはなりません。
昨今、最低保有株数の縛りは次第になくなり、つまり1株からでも買える企業もありますが、株主優待を受けるには実際には100株が必要だったりするような場合もあるようです。

 <  前の記事 株主優待のメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 最低保有株数の縛りとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14328

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。