Top >  株式投資とは >  最低保有株数の縛りとは

最低保有株数の縛りとは

近年では、最低保有株数の縛りというものが次第になくなりつつあります。
つまり1株からでも株式が買える企業もでてきましたが、株主優待を受けるには実際には100株が必要だったりするような場合もあるようです。
1株でも持っていれば優待の対象にする企業も出てきましたが、このような少ない株数で優待が受けられるとしてもそれはあまり期待できる内容でないことは明らかでしょう。
まだ、あまり多くはありませんが株主優待に際して、株式保有数以外にも株主総会に出席した株主やアンケートなどに回答した株主など一定の条件を設けていることがあります。
株主にもいろいろなタイプがあって資金を提供して経済に貢献し、見返りに配当を受けるギブ アンド テイクの株主や儲け一直線のデイトレーダーなどがあります。
できれば、企業の経営に対して関心を持ち長期にわたり株式を保有してくれるような株主を優遇したいという企業の心が表れているようです。

 <  前の記事 保有株数による注意事項とは  |  トップページ  |  次の記事 いろいろな株主優待とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14329

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。