Top >  株式投資とは >  投資判断の材料として

投資判断の材料として

株価の安い企業の株式であれば、少ない投資金額で有利な優待を受けられることもありますから、その場合は非常に高い利回りということになって得だと考えることもできますね。
合併や買収(M&A)が増えている中で企業は、持ち合い株解消後の受け皿として、個人投資家に安定株主になってもらうことを望んでいます。
株主優待を通じて会社に親しみを持ってもらえるよう、株式の長期保有をしてもらえるよう期待があるのではないでしょうか。
以前、株主優待を受けられる条件として「議決権を行使した」株主がもらえるというものがありました。
株主を総会に引っ張り出すことで企業の経営に興味を持って貰おうということでしょうか。
優待ねらいの株主は二の足を踏みそうですが、株式の長期保有を望む企業としての努力がうかがえると思います。
ということで、優待重視の傾向はまだ続きそうですから、株式優待は投資判断の材料として有力であるといえます。

 <  前の記事 いろいろな投資商品とは  |  トップページ  |  次の記事 利回りとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14352

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。