Top >  株主優待関連 >  利回りとは

利回りとは

利回りとは、投資した金額に対する収益の割合です。
例えば最低売買単位(1単元)が100株で、株価500円の株式があったとします。
この株式の配当が1株につき10円だった場合です。
まずは配当利回りの計算です。
株価500円×100株=50000円が最低売買単位です。
5万円が初期投資に必要な金額で、配当は1株につき10円ですから100株をかけると1000円となります。
5万円の投資で年間1000円の配当です。
これで利回りは2%です。
2%でしたら平均的な配当利回りといえます。
この企業が100株以上保有している株主に対して株主優待として5000円相当の優待を行ったとします。
つまり年利10%ですね。
先ほどの配当とあわせると、なんと12%もの配当を受けられることになるのです。
株主優待が人気を集めているのはまさにこの点であるといえるでしょう。

 <  前の記事 投資判断の材料として  |  トップページ  |  次の記事 最低売買単位とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14353

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。