Top >  株主優待関連 >  最低売買単位とは

最低売買単位とは

利回りとは、投資した金額に対する収益の割合のことです。
株価×株数=が最低売買単位となります。
最低売買単位が初期投資の金額となるのです。
ただ、利回りは変動しますので、同じ銘柄でも株価が上がれば配当利回りは悪くなりますし、株価が下がれば配当利回りは良くなります。おまけに元本を保証されているわけではないので、配当利回りが良くてもそれ以上に株価が下がってしまったら意味がありませんよね。
成長している企業であれば、少しでも多くの資金が欲しいですし、配当金を抑えたいと考えます。
株主に利益を還元することも大切ですが、企業が発展することこそが株主に利益をもたらしますので、配当にあまりとらわれず健全な経営ができている銘柄を買って少し長い目でみておきましょう。
配当金や株主優待は“お楽しみ”くらいの気持ちでいる方が良いように思いますがいかがでしょうか。

 <  前の記事 利回りとは  |  トップページ  |  次の記事 株価と株式市場  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14354

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。