Top >  株主優待関連 >  株価と株式市場

株価と株式市場

株価は株式市場が決めるもので、企業自身が自社の株価を決めることはできません。
株式を買いたい人と売りたい人の割合で株式の価値が決まるのです。
こう言うと少し単純に過ぎるかも知れませんが、あくまでも自分で決められないということなのです。
それでは、自社株にもっと価値を付けたいとしたらどうすればよいでしょうか。
株主優待の存在意義の1要因といえないでしょうか。
しかし、企業の株価が安いのに株主優待の内容がそれを上回っていると、一見は利回りがいいようにうつりますがあまり喜べませんよね。その優待サービスの資金はどこから出ているのでしょうか。
利益が出ている企業であれば問題ありませんが、利益をあげられていないとしたら余剰金から出ているのでしょうか。
企業を助ける優待サービスですが、無理な優待サービスは企業を追い詰めて、より業績の悪化を招いてしまうことになってしまうのです。

 <  前の記事 最低売買単位とは  |  トップページ  |  次の記事 株価と市場心理  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14355

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。