Top >  株主優待関連 >  株価と市場心理

株価と市場心理

企業の株価が安いのに株主に優待する内容の方が株価より上回っていると、利回りは良い様にうつりますね。
ですが、その株主優待のサービスの資金とはどこから出されているのか・・・これが不思議ですよね。
企業を助けるために優待サービスを行っているのに、無理な優待サービスを続けていると企業を追い詰めてしまい、より業績の悪化を招いてしまうのです。
ニワトリ卵状態とでもいいましょうか、どこかで断ち切ることが必要になりますよね。
ただ以前、調べた時より株価が上がっていて、株主優待の内容に変化がなければ利回りは低くなります。
また、成長過程にある企業ならば、設備投資など生産性を上げるため、少しでも多くの資金を必要としているので、配当にまで回らないかもしれません。
目先の配当や株主優待などの利回りも、もちろんうれしいものですが元手はかかっている訳ですし、思わぬ大損をしないよう株の購入に際しては、情報サイトが多々ありますので少しでも多くの情報を勘案して、利回りだけでなく株価や市場心理などもタイミングを計る材料にして楽しい株式売買をいたしましょう。

 <  前の記事 株価と株式市場  |  トップページ  |  次の記事 株主優待を行わなかった企業も!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14356

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。