Top >  株主優待の特典 >  株価を大きく動かす市場心理とは

株価を大きく動かす市場心理とは

株主にとっての本来の醍醐味は、買い時、売り時を見極めたトレードにより満足できる差益を獲得することだと思います。
それには、常に変化する株価が今いくらになっているか把握しなければなりません。
「株価」とは、直近に成立した取引の株式の値段ですが、その値段は投資家の買いと売りの関係によって決まるようです。
それでは、株価を大きく動かす市場心理について考えてみましょう。
株主優待狙いの投資家が多くなっているとすれば、権利確定日が過ぎれば株式を持っている必要がなくなることで、手放す人が多数でると考えられます。
当然株価は大きく下落します。
その逆に人気のある株主優待を行っている企業の株式の権利確定日が近づいているときは、株価も上昇しているはずなのです。
つまり高値で掴み安値で売却してしまい株価変動により大きな損失を蒙ってしまう可能性があるわけです。

 <  前の記事 キャピタルゲインとは  |  トップページ  |  次の記事 株式を長期保有する特権  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14349

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。