Top >  株主優待の特典 >  株式を長期保有する特権

株式を長期保有する特権

高値で掴み安値で売却してしまい株価変動により大きな損失を蒙ってしまう可能性があるわけです。
必ずこうなると決まっているわけではありませんが、可能性があるとすれば企業にとってもそれを看過するのは得策ではありません。
近年、株主優待を年に2回行う企業が増えてきています。
一つには自社株を長期保有してくれる株主を厚遇するため、そしてもう一つは優待を狙うためには、年2回の権利獲得日に株を保有しておかなければならずそのために2度の売買をするよりは、持ったままでいようと考えてもらうためのお膳立てと思えます。
また、株の保有が1年目より2年目のほうが条件の良い株主優待を受けられるという企業もあらわれました。
この傾向はこれからも加速していくことでしょう。
結論を言えば、これからより良い条件で株主優待を受けたいと思うなら株式は長期保有が望ましいでしょう。

 <  前の記事 株価を大きく動かす市場心理とは  |  トップページ  |  次の記事 いろいろな投資商品とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14350

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

オススメサイト

アドセンス
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「株主優待 ~株主優待が人気な訳~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。